ボウリング初心者の投げるためのコツをメルマガで配信しています。
スペアーが上手く取れないとか、
ボールを曲げたい、
そんな悩みを持つ人に、
プロやコーチから学んだ基本テクニックから、
中級ボーラーに役立つ情報を無料でお届けします。

友達に黙って良い点数を出したい、
もう少しアベレージをあげたい、
そんな人は、ぜひ登録してみてください。

ボウリングで150点の壁を確実に突破する
苗字
メールアドレス

ボウリングショップを選んでいますか?

ボウリングショップを選んでいますか?


いきなり、何を言うのか思われたかもしれません。


でも、あなたは、ボウリングショップを選んでいますか?


多くの人は行きつけの、
ボウリング場にある、
プロショップを利用しているのではないでしょうか?


でも、ボウリングショップによって、
店員の知識に凄い差があるのです。


ボウリングショップの店員は、
ボウリングについて、
知識が豊富と思いがちですが、
実は、経験からだけの人が多く、
理論に基づいてアドバイスしてくれる人が少ないのです。


少しましなところで、
プロがいるボウリングショップがありますが、
そのプロが、大会で上位に入っている人なら問題ないですが、
中には、プロになっただけの人もいるのです。


プロは、ボウリングのプロであり、
ボウリングの道具についてのプロではないのです。


ボウリングショップを厳選し、
良いボウリングショップの店員に、
一度ボールをドリルしてもらってください。


その投げやすさに感動しますよ。

タグ:ボウリング

ボウリング投げ方〜マナーは大丈夫?

ボウリング投げ方〜マナーは大丈夫?


ボウリングの投げ方は、気になりますが、
あなたは、ボウリングのマナーを知っていますか?


ボウリングの投げ方については、
色んなところで教えてくれるのですが、
マナーを学ぶところが少ないのです。


基本は、右側優先なのですが、
少し慣れてくると、
隣のレーンだけではなく、
次の次のレーンまで気にします。


アマチュアの場合、
ゲーム遅延になるので、
両隣のレーンが空いたら投げないといけないのです。


あと、多いのが投げる時に声をかけたり、
歓声を上げることです。


ボウリング場は、
自分たちだけではないのです。


まあ、これは、どんなスポーツでもそうなのですが・・・。

ボウリングは、重たいボールを投げるスポーツなので、変に声をかけたり、気が散ると体に負担をかける場合があるのです。

まして、投げる時にレーンに寝転がるなどもってのほかです。

そんなことで目立つより、
ボウリングの投げ方で目立ったり、
凄いカーブフックボール投げるほうが、
かっこいいのです。


良いマナー、
これこそかっこよいボウラーなのです。

ボウリング代は馬鹿にならない

ボウリング代はどうしていますか?


ボウリングは、
ボウリングゲーム代はもちろん、
ボウリングボールや、ボウリングシューズ
マングースなどの道具など、
趣味として真剣に取り組むと、
お金がすごくかかるのです。


一人もんであれば、給料は自由になるのですが、
家庭を持つとそうはいかない。


実際、ボウリングに夫婦で来ている人の多くが、
会社の社長や重役クラスの人が多いのです。


普通の人の場合、
共稼ぎであったりして、
収入が普通よりも多いのです。


では、普通の家庭ではどうするか?


自宅で仕事をする、
つまり、副業を持つしかないですよね。


私は、ネットでいろいろ稼いでいますが、
主婦であれば、懸賞サイトなどで稼ぐことも可能ですよね。


ボウリングで上達するためには、
とにかくボウリングのボール投げること!!


上達するためにはお金がいるのです。

ボウリングのボールはメンテナンスしていますか?

ボウリングのボールはメンテナンスしていますか?

ボウリングのボールは消耗品なのですが、
これを理解している人がすくないのです。


ボウリングのボールが曲がらなくなったとか、
ピンのはじきが悪くなったなど、
急にボウリングのボールの性能が悪くなってしまい、
それが投げ方のせいだと誤解して、
ボウリングの投げ方自体がおかしくなる人がいるのです。


ボウリングのボールの性能がおかしくなる理由は、
今のボーリングのボールは、
レーンキャッチをよくするために、
ボールがレーンのオイルを吸収するようになっているからなのです。


では、ボウリングのボールのメンテナンスは、
吸収したオイルをぬくことにより、
ボールの性能が戻るのがわかりますよね。


今日はこのオイル抜きについて勉強してみましょう。


ボウリングのボールのオイル抜くのは、
ボウリング場プロショップに持っていけば、
有料でオイル抜きをしてくれます。


でも、実は自宅ででもできるのです。


では、やり方を公開しましょう


友人がしていたのがオーソドックな方法なのですが、
ボウリングのボールを、ドライヤーで温めるという方法なのです。

この方法は、実はプロショップでやっている方法と、
よく似ているのです。


それは、プロショップでも、ボールをヒーターにいれ、
中のオイルを抜き出しているからなのです。


ボールを温めることで、
ボウリングのボールに吸収されたオイルが、
ボウリングのボールの表面に浮き出してきます。


そのオイルをふき取るのです。


ドライヤーで、ボウリングのボールを温めると、
ボウリングのボールの表面にオイルが噴き出すのです。


でも、じゃまくさい人はどうすればいいのでしょうか?


それは、ボウリングのボールを風呂に浮かべるといいのです。

これでもオイルは浮き出してきます。


濡れたボールを拭くのが邪魔くさいという人は、
洗面器にお湯を入れ、
そこに中性洗剤を溶かし、
しばらく置いておくだけでも効果があります。


ボウリングのボールは、定期的にメンテナンスしましょう

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。