ボウリング初心者の投げるためのコツをメルマガで配信しています。
スペアーが上手く取れないとか、
ボールを曲げたい、
そんな悩みを持つ人に、
プロやコーチから学んだ基本テクニックから、
中級ボーラーに役立つ情報を無料でお届けします。

友達に黙って良い点数を出したい、
もう少しアベレージをあげたい、
そんな人は、ぜひ登録してみてください。

ボウリングで150点の壁を確実に突破する
苗字
メールアドレス

カーブの投げ方で曲がらないボールを使う

カーブの投げ方で曲がらないボールを使う


ボウリングの投げ方で、
カーブを投げるとなると、
普通、曲がるボールを選びます。


ですが、ボウリングの投げ方自体は、
カーブの投げ方で、
曲がらないボールを選ぶとなると、
どうなるのでしょうか?


ボール回転自体は、
カーブの投げ方なので、
ボールは曲がろうとします。


でも、ボールは、
カーブがかかり憎く出来ています。


そうなると、
ボールは、回転に変化がなく、
ピンそばにまでいきます。


するとどうなるか?


実はそのボールはピンをはじいてくれるのです。


実際は、ボールの回転が、
スッリップしている状態から、
レーンをきっちりキャッチした状態が望ましいのですが、
スリップした状態でピンに当たるほうが、
ビンをかき回してくれるのです。


ボウリングの投げ方でこれをどう生かすか?


それは、
ボウリングで、レーンが読めない時に、
あえて曲がらないボールで、
カーブの回転を思いっきりかけ、
ポケットにぶつけていくのです。


この手法はプロでも使っているのです。


プロでも、実際はどのボウリングのレーンでも、
攻略できるとは限りないのです。


でも、プロなら諦めることはできません。


そんな時はとりあえず、
スコアーを伸ばす方法が必要なのです。


ボウリングで、
レーンが読めない時、
一度この方法を試してみてください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。