ボウリング初心者の投げるためのコツをメルマガで配信しています。
スペアーが上手く取れないとか、
ボールを曲げたい、
そんな悩みを持つ人に、
プロやコーチから学んだ基本テクニックから、
中級ボーラーに役立つ情報を無料でお届けします。

友達に黙って良い点数を出したい、
もう少しアベレージをあげたい、
そんな人は、ぜひ登録してみてください。

ボウリングで150点の壁を確実に突破する
苗字
メールアドレス

ボウリング初心者のためのボウリング投げ方教室3

ボウリング初心者のためのボウリング投げ方教室3


ボウリングの投げ方で、
シューズが決まると、
次は、ボウリングのボールを選ぶことになります。


ボウリングのボールの選び方は知っていますか?


ボウリングのボールの選び方について、
初心者向けの教本を読んでみると、
親指をボウリングのボールの穴に入れ、
ぐるっと回す。


その時に、
親指がスムーズに回るものを選ぶと書いてあります。


でも、これだけでボールを選ぶことができますか?


確かに、これだけでも選ぶことができますが、
これで選んだボールを投げて見たらわかるのですが、
指に負担がかかるのです。


それは、ボウリングのボールの穴で、
引っ掛かりもなく、くるっとまわるということは、
ボウリングのボールをスイングした時に、
ボールが抜けやすいということなのです。


ボウリングのボールから、
親指が抜けるということは、
スイング中にボールを落とさないために、
親指に力を入れることになります。


親指に力が入ると、
関節が曲がり、
その部分がひっかかり、
ゲームをこなすたびに、
こすれ、やがてボールがぬけにくくなり、
レーンにドーンと投げることになります。


多くの初心者がボウリングを真剣にやると、
指が抜けず、痛めることになります。


これを防ぐためには、
親指にテープを巻き、
力を入れずに、
投げるように調節することで、
防ぐことができます。


このテープは、
ボウリング場の、
プロショップで2〜300円で売っています。


ハウスボールでも、
これだけで、すごく投げやすくなります。


一度試してみてください。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。