ボウリング初心者の投げるためのコツをメルマガで配信しています。
スペアーが上手く取れないとか、
ボールを曲げたい、
そんな悩みを持つ人に、
プロやコーチから学んだ基本テクニックから、
中級ボーラーに役立つ情報を無料でお届けします。

友達に黙って良い点数を出したい、
もう少しアベレージをあげたい、
そんな人は、ぜひ登録してみてください。

ボウリングで150点の壁を確実に突破する
苗字
メールアドレス

投げ方の基本について

ボーリングの投げ方とは、
重たいボールを有効に使い、
多くのピンを倒すゲームですが、
あなたは、それを理解していますか?


当たり前やん!!って思われますが、
それを理解していない人が多いのです。


まずは、ちゃんとそのことを理解しましょう。
一番簡単なコツとは?

投げ方で狙い方が変わるのです。

ボウリングで、
レーンを攻略するとき、
あなたの投げ方をちゃんと意識していますか?

人それぞれで、
投げ方が違うのに、
同じ教本を見るのはおかしいと
思わないのでしょうか?教本の欠点とは?

家でも出来るボウリングのトレーニング

ボウリングの初心者は、
毎日ボウリングをするのがいいのですが
お金の関係でそうもいきません。


でも、家でボールを曲げるイメージを鍛えることが出来るのです。

用意するのは、
ガムテープ一つ


そう、ガムテープのみなのです。


このトレーニングをすることにより、
当時、ボールがぜんぜん曲がらなかったのですが、
今では、ボウリング場一ボールを曲げることが出来るといわれました。


では、具体的にそのトレーニングの方法を、
伝授したいと思います。


そのトレーニングは凄く簡単なのですが、
まず、テープを手のひらの上で立たせます。


そして、そのテープを回転させながら上にほります。


出来るだけ早く回転させてください。


上手く上に投げることができれば、
今度は回転させながら、
前に投げるようにします。



上手く回転させながら、
前に投げることができれば、
テープは安定した形で前に投げることができます。

これは意外と簡単なようで意外と難しいのです。


毎回安定しながら投げれないと意味がありません。


これを続けることにより、
ボールを回転させると言うイメージが身につきます。


ボールが回転すれば、
きちっとカーブがかかります。


毎日できるトレーニングですので、
ボールを曲げたい人は、
必ず試してください。

ボウリングでの人差し指の使い方

以前、ボウリングの初心者のための、
人差し指の使い方を紹介しましたが、
他にも、人差し指の使い方があるのです。


それは、曲がりを調節する使い方です。


特に、曲がり過ぎたり、
逆にボールがぜんぜん曲がらない人ほど効果が出ます。


では、ボウリングでの有効な人差し指を紹介します。


まず、ボールを曲げたい人は、
人差し指を親指側に広げます。


そして、ボールを投げる瞬間、
ボールの重みを人差し指に感じつつ、
時計と反対方向に回すようにしながら、
リリースします。


つまり、
これがリリース&ターンというものです。


もちろん、親指を抜いてから、
ターンすることが前提です。


次にボールを曲げずに、
威力をあげる場合は、
逆に中指に人差し指をくっつけ、
人差し指、中指、薬指の指先を意識し、
そこに重さを感じながら投げると、
曲がりが小さくなりますが、
威力のあるボールを投げることが出来ます。


この方法は、
たいていの人に良い効果がでます。


人差し指に重さを感じる感覚を、
身につけるようにしましょう。

簡単な 簡単な基本的投げ方

初心者ボーリングをするとき、
基本的投げ方は、
ボールを腰の高さで、
腕をレーンに平行と言いますが、
私は、あえて初心者には、
クラウチングつまり、
ボールを腰より低く、
つまり、
腕を下に伸ばしたような構え方で投げさせます

これをすると、
プシャウエィーつまり、
腕を前に出してボールを振ることはできませんが、
頭が動かない上に、
リズムを取りやすいのです。

これにより、
スパットに集中でき、
コントロールしやすいのです。

スコアーが伸びずに悩んでいる人、
一度試してください。

ボウリングの初心者のおちいりやすいワナ!

ボウリングの初心者が投げるときに、
おちいりやすいワナがあります。



それは、ピンを倒そうとして、
力が入るだけでなく、
リズムが早くなってしまうということです。


で、力を抜くのと、
リズムが早くなるのと、
どちらが重要かというと
リズムが早くなることなのです。


力みすぎで、
ボールが右や左に行く人!!


アプローチを走るような感じで歩いていませんか?


最近のボーリング投げ方は、
昔のようにタッタッタと歩くのではなく、
ズシンズシンと、カカトからゆっくり歩くことなのです。


ゆっくり歩くことにより、
スイングが大きくなるだけでなく、
ゆったりとしたスイングになります。


ゆっくりとしたスイングであれば、
投げるまでに時間ができ、
しっかりとスパットを見ることが出来ます。


早く上手くなるためには。
レーンをゆっくり歩き、
指によけいな力を入れず、
ゆったりとしたスイングで投げるようにしましょう。

初心者がカーブを投げるときの手の形

初心者にカーブの投げ方を教えているとき
教則本を読んでいる人から、
手の形は、レーンと握手する形がいいですよね?とか、
レーンにコップに入った水を
かけるような形がいいですよね?って聞かれます



これを読んであなたはどう思います。


正解?不正解?


実は、正解なのですが、
これをちゃんと理解していますか?


聞いてきた初心者に、
じゃあその形をしてもらえますか?って言って、
やってもらうと、
?それがコップで水をレーンにかける形?


ぜんぜんちゃうやん。


勘違いしている人が多いのですが、
握手を実際してください。


そして、その形を良く見てください


手首が折れて、
手首から親指のラインが一直線のはずです。


この、手首が折れているところがミソなのです。


つまり、この形になると、
親指が抜け、
中指と薬指にボールがしっかり乗るのです



これが、初心者にしてもらうと、
手首が折れずに、
腕から中指、薬指のラインが真っ直ぐなのです。


手首は、折れた形が正解なのです。




狙いはスパットだけではないのです。

ボウリングの教本を見ると、
投げるときはスパットを見て、
投げましょうと書いてありますが、
この通りに実行しても、
上手くいく確立は低いのです。


なぜ上手くいかないのでしょうか?


これは、真っ直ぐ歩けて、
スパットに向かい、
真っ直ぐボールを投げることが
出来ると言う前提だからです。


教本を読むのは、
初心者なのに、
この通りなんかできません。


でも、狙いどうりに投げる確立を上げる
簡単な方法があります。


この方法は、
プロに教わったのですが、
プロでも、体調で投げるコースが甘くなるそうです。


そんな時は、
この方で確認がてら調整するそうなのです。


それは、
ファールラインのところにある、
ドットとスパットのラインを頭の中でイメージし、
そこにボールを通すのです。


で、ストライクコースにボールが行かないのなら、
スパットはそのままで、
通すドットをずらしていくのです。


プロになると、
ドットの右板目半分とか、
かなり精密に投げるそうです。


プロだから当たり前なのですが・・・。


私は、これをマスターすることにより、
かなり難しいスペアーも取れるようになりました。


皆さんもぜひ試してください。

ボウリングの初心者のボールの開け方

ボウリングの初心者は、
投げ方がまだ定まっていないので
特殊なバランスで、
ボールをドリルしてもらうと、
大きく曲がったり、
ぜんぜん曲がらないことになります。


そんな初心者の投げ方に向いた、
ドリルの仕方とは、
すべてを0バランスにしたボールだといえます。


意外とこのボールは、
使いかってがいいのです。


少し上達して、
ボールを好きなように投げれるようになると、
回転軸をどのように変化させると、
ボールが大きく曲がったり、
切れるような動きをしたり、
ぜんぜん曲がらなかったりします



これをマスターすると、
バランスにあった回転軸で投げれるようになります。


まずは、0バランスのボールを持つことにしましょう

初心者向けのボール

ボウリングの初心者向けのボールってどれでしょう?

ボウリングマガジンなどを見ると、
色んな新しいボールが出ているのですが、
私がお勧めするのは、
一昔前のリアクティブウレタンのボールなのです。

なぜかと言うと、
リアクティブウレタンのほうが、
どうも新しいシェルより、
ピンの飛びがいいように思うのと、
動きがおとなしいということなのです。

新しくボールを買おうかなと考えている初心者のかたは、
バーゲン品の一昔前のかたのボールを買われることを、
とりあえずお勧めします。

ボールの重さはどれがいい?

ボールの重さは、
何ポンドがいいのでしょうか?


以前、あるプロが実験したらしいのですが、
ボールに色んな加工をして、
16ポンド以上のボールを作ったらしいのです。


そのボールを投げてわかったのは、
重さが重いほどスコアーがのびたらしいのです。


でも、かなり腕がつかれそうですね。


その反面、
あるPBAの選手は、
ピンの飛びを抑えるために、
あえて14ポンドを使っているそうです。


これを見ると、
いちがいにどの重さがいいかわかりませんが、
私はやっぱり15ポンドぐらいがいいと思います。


これぐらいの重さであれば、
ドリルの仕方で、
いくらでも投げれるようになります。


あなたのボールは軽すぎませんか?

曲がらなくてもストライクは出る!!

ボウリングの初心者は、
投げ方が、さだまっていないので、
ボールが曲がったり、
曲がらなかったりして、
スコアーが伸びないことがあります。


ボールが曲がって出るストライクは、
ピンアクションも派手で、
かっこよく見えますが、
安定しないのに、
あえてボールを曲げる必要はありません。



それよりも、
ストレートボールを、
右端から、
5番ピンをめがけてボールを勢い良く、
投げ込むほうがストライクが出るのです。


教本では、
ポケットを狙おうとありますが、
ポケットをねらうより、
5番ピンを意識して、
そのピンを飛ばすイメージのほうが、
ストライクが出るのです。



このことを、
よくプロボーラーは、
ピンにボールをぶつけると言います。


曲がらないのであれば、
力を抜いて、
あえてスピードをつけて、
5番ピンを目指し、
ボールを投げ込みましょう!!

親指の穴は調節していますか?

ボウリングは、ゲーム数をこなすと、
指がはれてきます


ということは、
投げ方が同じだと、
指が抜けにくくなります。



でも、初心者の多くは、
親指の穴を調整しません。


あなたは、
投げる前前はもちろん、
投げている最中も、
穴の調整をしていますか



親指のあなは、
特に重要で、
この調節が上手くいくか、
いかないかで、
ボールがカーブしたり、
まがらなかったりする、
とてもデリケートなものなのです



親指の腹側はもちろん、
背の方もテープをはり
指の抜けを調整しましょう。

足元注意!!

ボウリングで注意しなければならないのは、
足元なのです。


雨の時はもちろん気をつけないといけませんが、
特に注意しないといけないのは、
トイレに行った後なのです。


私は、
必ずスリッパに履き替えるのですが、
他の人が履き替えずにトイレに行き、
レーンに上がられたら、
シューズがひっかかって、
前に吹っ飛びそうになります。


人がトイレに行ったときは、
足元に注意しましょう!!

大山由里香ボウリング・レッスン

[タイトル] DVD付 大山由里香ボウリング・レッスン
[著者] 大山 由里香
[種類] 単行本
[発売日] 2003-08
[出版社] 大泉書店

図解コーチ ボウリング―基本練習と実戦テクニック

図解コーチ ボウリング―基本練習と実戦テクニック


[タイトル] 図解コーチ ボウリング―基本練習と実戦テクニック
[著者] 鴨下 三郎
[種類] 単行本(ソフトカバー)
[発売日] 1999-..

ボウリングの投げ方はシンプルがいい。

ボウリングの投げ方は、
シンプルなのが一番良いのです。



PBAの投げ方などをみると良く分かるのですが、
彼らのプッシャウエィをみると、
日本のボーラーとかなり違います。



日本でプッシャウエィは、
ボールを構え、
そのボールを前に出し、
スイングをするという投げ方なのですが、
PBAでは、どうなのでしょうか?


実は、彼らの投げ方には、
プッシャウエィがないのです。


ビデオを見ると良く分かるのですが、
彼らは、ボールを構え、
そこから下に落とすようにスイングをするのです


このことは、
師匠から教わったのですが、
師匠は、パーカーボーン三世とも友人なので、
色々聞くことが出来たそうです。


PBAに比べ、
やはり日本は遅れているのですね。

ボウリングの秘密の道具

ボウリングの大会などに行くとき、
同じ投げ方ができるように
もって行く、
秘密の道具が私にはあるのです。


大きい大会などだと、
予選を通過してから、
本選の大会まで時間がある場合が多いのですが、
この待ち時間が曲者なのです。


大きい大会でなくても、
ゲーム数が多いマラソン大会など、
投げる数が多くなると、
同じように投げられなくなります。



これを予防する為に、
2つの道具を持っていくのです。


どこでも手に入り、
ほとんどの人が役立つ道具!!


それは・・・。


実は、番手の細かい紙やすりと、
ベビーパウダー
なのです?


番手の細かい紙やすりと、
ベビーパウダーが万人に役立つ?


そうなのです。


とても役立つツールなのです。


それは、ゲーム数が増えたり、
ボールを投げてから時間がたつと、
指が、腫れてきます。


そうなると、
同じリリースが出来なくなります。


そんなときに、
この二つを使うのです。


すると、指の抜けがよくなります。


その使い方を説明します。


まず、親指の穴に、
ベビーパウダーを少しいれ、
紙やすりでこすってやるのです。



すると、指の抜けが凄くよくなります。


やりすぎると、
抜けすぎて、
ボールを落としてしまうのと、
目の細かい紙やすりを使わないと、
穴が大きくないすぎるのだけは、
注意しましょう。


プロボーラーと友達になろう

ボウリングの上達のコツは、
なんといっても、
プロボーラーと友達になることです


プロボーラーは、
ずばりボウリングのプロ!!


つまり、アベレージ180以上に
スコアーをまとめるコツ
を知っているのです。


そんなプロと友達になると、
教えてくれるだけでなく、
ボウリングについての最新情報を知ることが出来ます。


でも、どうすればプロと知り合いになれるでしょう?


私にとって、
プロと知り合いになることは、
凄く簡単なことなのですが、
意外と他の人は、
知り合いになれないらしいのです。


プロと知り合いになるためには、
まず、プロがいるところに行くことです


どこにプロが入りか知らない場合、
自分が通っているボウリング場で
スタッフに聞けばいいのです


スタッフは多かれ少なかれ、
ボウリングが好きな人が多く、
簡単に教えてくれます。


そこで、プロに声をかければいいのです。


詳しくは、
次回に紹介したいと思います。

ボウリング場は、足元注意!!

ボウリング場で、
油断をすると、
えらい目をします。






わからないでしょうね^^


ボウリング場は、
ボウリングをする人の為に、
整備をされているのですが、
実はこの整備が曲者!!



特にアポローチ周り(歩くところ)は、
ボウリング上では一番重要なので、
良く整備されています。



この、良く整備されているというのが、
重要なことなのです。


良く整備するということは、
すべりを良くするということなのです。


でも、ほどほどの整備はいいのですが、
整備しすぎると、
今度は、すべすぎます。


特に、
すべるようになるために、
アプローチをモップなどで、
拭いて整備するだけならいいのですが、
中にはアプローチパウダーという、
粉をまいて、
整備されるとツルツル滑ってしまいます。


また、アプローチだけでなく、
そのようなボウリング場では、
ボールリターンの下のところに、
アプローチパウダーをまいていることが多いのです。



それを知らないと、
突然足元が滑ります。


油断をしないように注意しましょう。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。