ボウリング初心者の投げるためのコツをメルマガで配信しています。
スペアーが上手く取れないとか、
ボールを曲げたい、
そんな悩みを持つ人に、
プロやコーチから学んだ基本テクニックから、
中級ボーラーに役立つ情報を無料でお届けします。

友達に黙って良い点数を出したい、
もう少しアベレージをあげたい、
そんな人は、ぜひ登録してみてください。

ボウリングで150点の壁を確実に突破する
苗字
メールアドレス

カーブの投げ方で曲がらないボールを使う

カーブの投げ方で曲がらないボールを使う


ボウリングの投げ方で、
カーブを投げるとなると、
普通、曲がるボールを選びます。


ですが、ボウリングの投げ方自体は、
カーブの投げ方で、
曲がらないボールを選ぶとなると、
どうなるのでしょうか?


ボール回転自体は、
カーブの投げ方なので、
ボールは曲がろうとします。


でも、ボールは、
カーブがかかり憎く出来ています。


そうなると、
ボールは、回転に変化がなく、
ピンそばにまでいきます。


するとどうなるか?


実はそのボールはピンをはじいてくれるのです。


実際は、ボールの回転が、
スッリップしている状態から、
レーンをきっちりキャッチした状態が望ましいのですが、
スリップした状態でピンに当たるほうが、
ビンをかき回してくれるのです。


ボウリングの投げ方でこれをどう生かすか?


それは、
ボウリングで、レーンが読めない時に、
あえて曲がらないボールで、
カーブの回転を思いっきりかけ、
ポケットにぶつけていくのです。


この手法はプロでも使っているのです。


プロでも、実際はどのボウリングのレーンでも、
攻略できるとは限りないのです。


でも、プロなら諦めることはできません。


そんな時はとりあえず、
スコアーを伸ばす方法が必要なのです。


ボウリングで、
レーンが読めない時、
一度この方法を試してみてください。

ボウリング投げ方〜カーブをどう生かすか

ボウリング投げ方〜カーブをどう生かすか


ボウリングの投げ方で、
カーブを投げると
初心者は、単純にボールを曲げると、
スコアーが伸びると考えがちです。


ですが、ボウリングのカーブの投げ方には、
もっと奥があるのです。


カーブを投げることにより、
確かにストライクがでる確率が増えます。


それは、ボウリングのボールに、
カーブの回転がつくことにより、
ボウリングのボールが、
ピンに当たった瞬間、
ピンを持ちあげ、
他のピンを倒してくれるからなのです。


それにより、
ストライクが増えます。


また、ポケットに、
ストライクのでやすい角度で
ボールが投げれるということもあります。


ですが、ボウリングカーブの投げ方は、
実はレーン攻略に一番適しているのです。


それは、ボウリングのスコアーを伸ばすためには、
ストライクを量産する必要があるのです。


そのためには、
ジャストでストライクを出すのではなく、
最初は薄めに持って行き、
徐々にジャストにし、
最後は厚めにボールを集めることにより、
ボウリングのスコアーが伸びるのです。


ボウリングで、カーブを投げる際は、
薄めのパケットでも、
ストライクが出せるようなカーブを投げるよう、
練習していきましょう。

ボウリング投げ方〜カーブについて考える

ボウリング投げ方〜カーブについて考える


ボウリング投げ方で、カーブの投げ方について、
見直してみましょう。


ボウリング投げ方で、
カーブの投げ方というと、
ボウリングの花のように思えます。


でも、カーブの投げ方には
いくつもの種類があるのです。


今、流行りはローダウン投法ですが、
アマチュアには、
少し難しいと思えます。


では、初心者には、
PBAなみのカーブを投げることは無理なのでしょうか?


いえいえ、そんなことはありません。


大きなカーブの投げ方で有名なピート・ウエーバーは、
オーソドックスな投げ方をしています。


それは、ほかのページにも書いたのですが、
ピート・ウェーバーは、
リリースのとき、
ボールを送り出すようにしながら、
親指が抜けた瞬間、
掌を起こすようにしながら、
ボールの側面をこすりあげ、
ボールに回転をかけ、
大きなカーブを投げています。


つまり、カーブを投げるのに
いかに親指を抜いて、
指で長く前に送れるかが勝負です。


これをマスターするためには、
ゆっくりと投げ、
親指が抜ける感覚をしっかり、
体に叩き込む必要があります。


ピート・ウェーバーの動画をのせるので、
そのあたり、しっかり目に焼き付けてください。


ボウリングのフォームを見直す

ボウリングの投げ方で、
フォームが大事なのは、
あたりまえですよね。


でも、正しいフォームとは、
どんなフォームなのでしょうか?


カーブを投げる基本的なフォームは?


ショートフックを投げるフォームと、
カーブのフォームの違いは?


ローダウン投法のフォームと、
基本のフォームとはどう違うのか?


日本のプロと、
PBAとのフォームは同じなのか?


投げ方と、ボールのドリルとの関係は?


実は、これらに対し、
明確な解答がないのです。


以前、初心者に教えるフォームは、
両肩を水平にして投げるのを、
基本としていましたが、
動画で紹介する、ピート・ウェーバーを見てもらうとわかるように、
ピート・ウェーバーは右肩が下がっています。


ですが、このフォームをつかうことにより、
スイングが大きくなり、
カーブをかけやすい上に、
楽に回転数を上げることができるのです。


とりあえずフォームを見てみましょう。


ボウリングのカーブについて動画を見て考える

ボウリングで、
ボールを曲げたいと言うと、
カーブの投げ方と言うイメージがありますが、
本当は、ショートフックのほうが、
ボウリングのスコアーがまとまりやすいのです。


確かに、
大きなカーブのほうが、
ボウリングの投げ方として、
見た目は派手ですが、
スコアーは、まとまるのです。


ボウリングのトップのPBAでも、
ボウリングの曲げ方と言えば、
カーブだと思われがちですが、
実はショートフックを投げる人が、
沢山いるのです。


今回紹介する動画も、
ショートフックをバンバン投げています。


特に今回見てもらいたいのは、
ボールの回転です。


今回のPBAの動画では、
ボールの回転もよくみれます。


オイルのあるところでは、
回転をしながら滑っていき、
バックエンドで、
回転が変わったと同時にピンに向かっていく。


こんなボールを投げれるようになりましょう。


ショートフックの回転をみてみる

ショートフックの回転を見てみましょう。


ボウリングの投げ方で、
ショートフックの回転についてみるには、
PBA選手のウォルターレイが参考になります。


彼のボールの回転は、
今流行の立て回転で、
ピンの手前で曲げ、
その回転で、
ピンをかき回します。


彼の凄い回転は、
リリースする瞬間に、
左足に体重をかけながら、
上に身体を起こすことにより、
ボールに回転をさらにかけているのです。


まずは、動画をみて、
その投げ方を勉強しましょう。


ボウリングのテクニックに走らない!!

ボウリング ジャパンカップの
上位の常連 ノーム・デューク!!


大きなカーブを投げず、
緩やかなカーブや、
ショートフックをくしし、
上位に食い込んでいく。


でも、彼は、大きなカーブが投げれないのではなく、
スコアーを伸ばしていくのです。


つまり、
自分の持っているテクニックで
レーンにあったカーブを投げているのです。


あなたは、何種類のカーブを投げることができますか?


ノーム・デュークに手のひらの使い方をまなぶ

ボウリングの投げ方で、
カーブやシュートボールを投げる場合、
フィンガーに乗せるだけではなく、
手のひらを有効に使うべきだと、
いうことは書いていますが、
このことを確認するには、
PBA一流の選手である、
ノーム・デュークの投げ方を見ると
よく分かります。


かれの投げ方をみると、
リリースした後に、
手のひらを、
さっと上に上げています。


このリリースが
あの回転を生むのです。


カーブをかけるというと、
手の使い方に目が行きますが、
実はリリースの後のポーズなどに
良いヒントがあるのです。


最強レフティー登場

ボウリングの投げ方で、
左投げのことをレフティーと言うのですが、
PBA最強レフティーといえば、
パーカーボーン三世なのです。


彼に実際合って話をしたのですが、
ボウリングが上手いだけではなく、
ナイスガイです。


で、一流のボーラーだから、
ボールのテープなんかでも、
きちっと張っているんだろうなって思い、
ボールを見せてもらったのです。


すると、彼は見事に期待を裏切ってくれました。


日本人は、親指側に、
滑り止め用のテープ、
親指の背の側に調整用のテープを張っているのですが、
パーカーボーンは、
なんと、親指の腹も、背も、
まったく同じテープで、
さらに、いがんで張っているのです。


こんな張り方では、
指を痛めるのではと思い、
彼の指を見せてもらうと、
さすがミスターレフティー、
私の指とは、
ごつさが違いました。


カーブのかけやすい投げ方とは?

ボウリングの投げ方で、
他にも書いたのですが、
カーブやフックを投げやすい
投げ方というのがあるのです。


それは、アウト・イン・アウトという投げ方で、
バックスイングで脇を開き、
身体の横で脇を閉め、
リリースの時に脇を開けるというものです。


詳しくは、ボウリングの動画を見てもらうとして、
これは、日本の初心者が習う投げ方とは、
まったく異質のものなのです。


ですが、やってみてわかるように、
ボールに回転をかけやすく、
さらに、インサイドから投げやすくなります。


逆に考えると、
日本人の多くの投げ方の、
アウトサイドつまり、
10枚目、5枚目を真っ直ぐ投げて、
ストライクを狙うというのは難しくなりますが・・・。


ボウリングの投げ方 アメリカの素人は?

ボウリングの投げ方ですが、
日本人はもちろんよく見ていますが、
アメリカ人はどなんでしょう?


もちろんPBAのプロは、
たまに見ることは出来ますが、
アメリカの素人のボウリングの投げ方はあまり見かけません。


ちょっと気になりますよね。


で、調べて見ると、
アメリカの素人のボウリングの映像がありました。


やはり、日本人の素人のボウリングとは、
かなり違うような気がしますね。


ボールについて知っている?

ボウリングというと、
投げ方に目がいったり、
最新のボールに目が行きますが、
では、そのボールについて知っていますか?


ボウリングは、
スポーツとリクレーションの境が薄いので、
どうしてもこのあたりの知識が薄いのです。


あなたは、
自分の持っているボールのアクシスバランスとかを知っていますか?


ボウリングのボールのフィンガーの上に
白いテープを張ったりするだけでもかなり参考になります。


また、投げた後、ボールに付いた油をみるだけでもかなり勉強になります。


ボウリングを真剣にやろうと思うと、
色んな情報を得ることができるのです。


ちょっとだけ周りをみてみましょう。


それれだけでも十分上達できるのです。

カーブは回転数だけじゃない

ボウリングの投げ方でカーブについて書いていますが、
ほとんどの相談は、
カーブをかけるために、
回転数を増やしたいのですがと言う相談が多いのです。


カーブをかけるために、
回転数を増やす?


えっ?


回転数を増やすとカーブがかかるの?


このサイトを見てくださっている人はわかると思うのですが、
回転数が増えても、
ボールは曲がりません!!


ボウリングでボールが曲がるのは
曲がる投げ方で曲がる投げ方をするからなのです。


その曲がる投げ方とは、
何度も言うように、
レーンに対するボールの回転軸は、
45度ぐらいがいいのです。


次の映像でも、
しっかり45度ぐらいの回転軸を描いています。


カーブの回転をつけすぎると

ボウリング投げ方で
カーブをかけるためには、
ボーリングの回転軸を、
レーンに対し90度に近づくほど、
大きく曲がることは前回書きました。


ですが、90度に近づくほどある現象に近づくのです。


その現象とは・・・




さて何でしょう・・・




わかりますか?・・・




それは・・・




引っ張りすぎてしまいました・・・




では、答えです。




ボールが滑ってしまうということです。


ボールが滑るとどうなるか?


ボールが曲がらなかったり、
過激に曲がりすぎて、
コントロールできなくなります。


これを防止するためにも、
ボウリングのボールの投げ方は、
回転軸を45度ぐらいに持ってくるのが一番いいのです。



PBAの映像で確認してください。


どうしてもカーブをかけたい

ボウリング投げ方で、
どうしてもカーブをかけたい人のために、
一つ投げ方を教えたいと思います。


まずは、理屈なのですが、
ボウリングでカーブをかけるとき、
ボールにカーブがかかるような回転を
与えなければならないということです。


このことを忘れて
道具に頼る人があまりのも多すぎるのです。


ボールが曲がるためには、
回転量よりも、
回転方向が大事なのです。


回転数がおおくても、
曲がる方向にボールが回転していないと、
絶対に曲がりません。


ボウリングでカーブをかける場合、
ボールの回転軸が、
正面に対し、
90度に近い方が曲がります。


実際ボールが曲がる人は、
どんな回転をしているか見てみてください。


ボウリングのボールがカーブをかけるのではない

ボウリング投げ方で、
カーブをかけるために必ずはまる問題!!



初心者から少しずつ初級者になると、
どうしても大きくカーブをかける投げ方をしたくなります。


でも、どうしても上手くいかない!!


そうなるとメカテクターや、
マングースなど手につけたり、
もっと曲がるボールをとなります。


でも、ボウリングの投げ方が本当に定まらないと、
大きくカーブを描くことができないのです。


PBAの映像を見ると、
ボウリングは道具ではなく、
テクニックだとわかるはずです。


ボウリングの投げ方の醍醐味

ボウリングの醍醐味は、凄い回転とカーブなのですが、
PBAの映像を見るとその凄さはよく分かります。


PBAのカーブのかけ方は、
フィンガーに乗せるだけではなく、
手の平でしっかりボールの側面をこすっているのです。


しかし、色んな教本では、
PBAの投げ方
ローダウン投法とかで、
手首の使い方を強調します。


もちろん、
彼らは力があるので、
フィンガーだけでもそれなりの回転はかけれるのですが、
手のひらを使うことにより、
さらに回転数を上げているのです。


PBAの画像を見て、
そのあたりよく確認してください。


大きくカーブをかけるイメージを持つためには!

初心者がボウリングを始めると、
必ず、大きなカーブを投げたいと相談してきます。


大きなカーブ?


むちゃ言うなぁ〜!!


でも、教えなきゃいけません。


まず、カーブを投げるためには、
カーブの回転をつける投げ方のイメージを
身体に覚えこませなければいけません



さて、どうやって、
ボールの回転のイメージをつけるか?


無理をせずに、ボールを回転するように投げるためには、
まず、ボールを8ポンドぐらいの軽いボールに変えます


次に、アプローチの前のほうに行き、
ボールに指を入れます。


このとき、気をつけるのは、
親指が穴にはいりませんし、
中指と薬指の第一関節ぐらいしかはいりません



つまり、手のひらで、
ボールを抱えるように持ちます


そう、持って
一歩ふみだし、
手のひらを立てるようにして、
ボールの側面をなであげるのです



すると、スピードはないのですが、
凄く回転したボールが投げられます。


これをマスターできれば。
徐々にボールを重くするのです


これを真面目に続けると、
回転のついたボールが投げられるようになります。


一日では、マスターできないので、
気楽にがんばりましょう!!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。