ボウリング初心者の投げるためのコツをメルマガで配信しています。
スペアーが上手く取れないとか、
ボールを曲げたい、
そんな悩みを持つ人に、
プロやコーチから学んだ基本テクニックから、
中級ボーラーに役立つ情報を無料でお届けします。

友達に黙って良い点数を出したい、
もう少しアベレージをあげたい、
そんな人は、ぜひ登録してみてください。

ボウリングで150点の壁を確実に突破する
苗字
メールアドレス

ボウリング初心者のためのボウリング投げ方教室3

ボウリング初心者のためのボウリング投げ方教室3


ボウリングの投げ方で、
シューズが決まると、
次は、ボウリングのボールを選ぶことになります。


ボウリングのボールの選び方は知っていますか?


ボウリングのボールの選び方について、
初心者向けの教本を読んでみると、
親指をボウリングのボールの穴に入れ、
ぐるっと回す。


その時に、
親指がスムーズに回るものを選ぶと書いてあります。


でも、これだけでボールを選ぶことができますか?


確かに、これだけでも選ぶことができますが、
これで選んだボールを投げて見たらわかるのですが、
指に負担がかかるのです。


それは、ボウリングのボールの穴で、
引っ掛かりもなく、くるっとまわるということは、
ボウリングのボールをスイングした時に、
ボールが抜けやすいということなのです。


ボウリングのボールから、
親指が抜けるということは、
スイング中にボールを落とさないために、
親指に力を入れることになります。


親指に力が入ると、
関節が曲がり、
その部分がひっかかり、
ゲームをこなすたびに、
こすれ、やがてボールがぬけにくくなり、
レーンにドーンと投げることになります。


多くの初心者がボウリングを真剣にやると、
指が抜けず、痛めることになります。


これを防ぐためには、
親指にテープを巻き、
力を入れずに、
投げるように調節することで、
防ぐことができます。


このテープは、
ボウリング場の、
プロショップで2〜300円で売っています。


ハウスボールでも、
これだけで、すごく投げやすくなります。


一度試してみてください。

ボウリング初心者のためのボウリング投げ方教室2

ボウリング初心者のためのボウリング投げ方教室2


ボウリング初心者が、
ボウリング場で投げる前にすることがあります。


それは、ボウリングシューズを借りることです。


ボウリング場で借りるボウリングシューズは、
マイシューズと違い、
どちらのシューズも滑るようになっています。


つまり、ボウリングの投げ方で、
重要な投げる時のキックがあまりできないのです。


最近流行りのPBAスタイルの投げ方では、
あまり、キックが関係ないように思われがちですが、
意外や意外重要なのです。


そこで、注意しなければならないのは、
ボウリングの投げ方に重要なシューズの、
コンデションを崩さないということです。


それは、ずばり、トイレです。


トイレに行くと、
どんなに注意していても、
そのシューズに水がつくのです。


ボウリングシューズに水分がつくと、
絶対にスライドしません。


投げる瞬間にスライドしないと、
ボウリングにかかり力のすべてが、
その利き足にかかり、
最悪、つまずいてしまうのです。


これは、マイシューズを履いている人でも、
意外と気がついていない人もいるのですが、
こんな人と投げると、
アプローチコンディションが崩されてしまうのです。


私は、ボウリングの初心者の人に、
最初にどのボウリングの道具を買ったらいいでしょうか?って、
相談されると、
そのような理由からボウリングシューズを進めるのです。

ボウリング初心者のためのボウリング投げ方教室1

ボウリング初心者のためのボウリング投げ方教室1


ボウリング投げ方教室として、
まったくのボウリング初心者のために、
ボウリング投げ方について説明していきます。


ボウリング初心者のために、
色々と書いた本があるのですが、
意外ともうちょっと書いてよって言うものが多のです。


ボウリング初心者のための投げ方教室として、
ハウスボールを使っているボウリング初心者が、
どこから始めたらいいか、
私の教えた経験から得たものを、
公開していこうと思います。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。